MENU

購入費よりも高いデータ復元料金

パソコンの内部にあるハードディスクは、あなたが想像する以上に超精密機器であり、しかも高速で動いているため、衝撃や振動に弱く、物理的障害を起こした場合は、まず機器を元通りにすることは、不可能と考えなければなりません。

 

このような時、ハードディスクの中に、まだバックアップを取っていないデータ類がある場合は、専門業者に頼んで大切なデータを復元する事が第一です。

 

このような物理障害の費用は、一般的に個人向けであれば、20万円〜35万円程度掛かると思わなければなりません。機械的に故障した場合には数万円でデータ復旧できるものではないのです。

 

元々のハードディスク価格は通常1万円程度。容量が大きくても2万円もかければ充分な容量のものが買えます。なので修理すれば1、2万円で元に戻ると考える人も多いのですが、それが、そういう訳にはいかないの現状です。

 

通常、パソコンなどは、20万円で購入したら、修理費は2〜5万円程度になるケースがほとんどです。それが、修理費用に200万円かかったらビックリすることでしょう。

 

ですが、ハードディスクのデータ復旧は元々は1、2万円しかしないものが、データを復旧させるには、5万円〜35万円もかかるのが相場です。中のデータを復元する作業はそれほど精密作業を要し、時間もお金もかかるものなのです。

 

大切なデータを復旧したいなら、費用と信頼度が大切です。

あとで後悔する前に知っておきたいデータ復旧業者の特徴とポイント

 

データ復旧業者比較

 

トラブルが起こったら現状維持が何よりも大切

では、物理的障害が起こるとどのような症状になるかと言いますと、

 

  1. ハードディスクからカッチン、カッチンなど普段聞いたことがない異音が聞こえる。
  2. ハードディスクの回転音がしない。またはまったく動かない。
  3. パソコンは起動するがOSからデータの呼び出しや書き込みが出来ない。
  4. OSそのものが立ち上がらない。

 

何かエラーメッセージが表示される

 

などの現象が現れ、とにかくパソコンの使用が通常通り出来なくなります。

 

このような故障の原因としては、

 

 

  • パソコンに大きな衝撃が加わって、ハードディスクが障害を起こした。落下させた。
  • 周囲環境が超低温であったり、高温であったり、ホコリの多い現場だった場合などが原因で部品が障害を起こした。
  • 落雷によって障害を起こした。または職場のビルが定期点検で停電していた。
  • 静電気によってSDカードやUSBメモリーが障害を起こした。(秋から冬トラブルにかけてトラブルが多発する)
  • パソコンの寿命が来ていた。購入から3年以上経過している。

 

など考えられます。

 

ハードディスクが物理障害の場合には、素人考えで下手に手を出しますとかえって状況を悪くして、専門のデータ復元サービス会社でもデータを復元できなくなりますから、あまりその後の作業はアレコレせずに速やかにデータ復元会社に依頼すべきです。

 

諦められるデータしか入っていない場合は、データ復元の事は気にせず原因究明のため、いろいろな操作や、実験的な事をやってもかまいませんが、ハードとしては悪い方向へ向かう結果しか起こらないのが一般的です。

 

このような物理障害は何時起こるか分かりませんから、大切なことは常々、一仕事終わった後には、必ず、バックアップを取っておく習慣をつけることです。バックアップさえ取っておけば、データ復元業者に余計な費用を支払う必要も無くなりますし、何時も安心してパソコンを使うことができます。一般的に、ハードディスクの寿命は約3年と言われていますので、それまで何が起こっていなくても、3年すればハードディスクを換装されることをお勧めします。

 

実は購入から1年未満の故障率が高いのがハードディスクです。その傾向は大容量化が顕著になった500GBあたりから始まっています。それ以前の250GB未満では非常に少なかった物理障害が年々増えているのは、高密度化、高回転化などの影響があると考えれられています。

 

何はともあれ、バックアップを取っていない状態で、トラブルになった場合には、まずは落ち着いて電源を切り、症状をメモしましょう。そして、データ復元会社に何社か問い合わせて、信頼できる業者に一度、診てもらうことが先決です。

 

障害を悪化させずに現状維持が何よりも大切なのです。

データピット

データピットドットコムの特徴

ハードディスクの物理障害でも格安なデータ復旧サービス会社。17年以上の実績があり人気です。

評価 評価5
備考 RAID5やRAID6といったNASサーバーにも対応。格安データ復旧業者の代表格。机の上から外付けHDDを落としてしまったといった重度障害にも低価格で対応しているため、個人、中小企業、大企業でも評判

オントラック

オントラックの特徴

信頼性では日本有数なデータ復旧サービス会社。ハードディスク以外の各種メディアにも対応。

評価 評価4.5
備考 法人申し込みと個人申し込みでは料金体系が異なる。現在、法人だけではなく個人ユーザーにも利用しやすくなっている。

アドバンスデザイン

アドバンスデザインの特徴

調査報告内容の評価が高いデータ復旧サービス会社。通常、調査報告内容は詳細には顧客には伝えられません。ですが、このアドバンスデザインは調査内容が的確であり信頼性も高いことが特徴です。

評価 評価4.5
備考 近年、とくにバッファロー製のテラステーションやリンクステーションなどのNASやRAIDサーバー対応にチカラを入れている

気を付けて!パソコンやハードディスクの物理障害!間違った操作でデータ復元が困難に!関連記事

データ復旧と暗号化の問題
データ復旧とセキュリティとの関係はバランスの問題です。特にハードディスクが故障した場合、その暗号化が適切だったかどうかが分かります。パソコンが起動しない、大切なデータファイルを救出したい。ハードディスクデータサルベージ業者を比較して紹介。
悪徳業者に騙されるまえに!「復元のチャンスは1回だけ!」なんて思っていませんか?
データ復旧業者に相談すると、データ復元はワンチャンスですから今すぐ、送ってくださいと脅されるケースがありますが、本当にワンチャンスなのでしょうか?
NAS(バッファロー製のリンクステーションなど)は一度でもトラブルが発生すると対応が困難になりやすいってホント!?
中小企業だけに限らず、最近では個人の家庭内でもNAS(バッファロー製のリンクステーションなど)を利用しているケースが増えてきました。でも、一度でもトラブルが発生すると対応が困難になりやすいと云われていますが、その実態とは!?
パソコンデータの誤った削除や上書きをした時、ごみ箱を空にしてしまった!どうすればよい?
操作を間違って大切なデータを消去、抹消してしまった。ゴミ箱に入れて空にしてしまったなどのトラブルは良くあるケースです。その他にも実は、良くせぬデータ消失が起こるケースがあります。
復旧データ量が少ないほど料金は安くなる!?
SDカードやUSBメモリー、USB外付けHDD、パソコンなどデータを記録するメディアはドンドン増えています。その一方で故障トラブル時のデータ消失は悲劇的です。データを復旧したい場合・・・
物理障害のトラブルの原因!そのデータ復元の可能性と費用はどうなの?
HDDの物理障害には幾つかのパターンがあります。ヘッドの故障、モーターの故障、基盤の故障。そして一番最悪なのはプラッター記録面のスクラッチ損傷です。
データ復旧したいならデフラグはヤバイかも!?
デフラグはスキャンディスク(チェックディスク)同様に注意が必要な作業です。特に購入から数年が経ち経年劣化したハードディスクに対し実行すると、最悪データが破壊されたり、読み取りやアクセス不能になります。
TeraStation(テラステーション)にアクセスできない原因と対処法
TeraStation(テラステーション)にある日、突然アクセスできない!認識しないといった故障が発生するケースがあります。NASやRAIDは便利な反面、一度、トラブルが発生した場合非常に深刻な事態に陥ります。
ハードディスクやパソコンから変な音(異音)が聞こえる!どうしたら良い
昨日まで普通に使えていたパソコンやUSB外付けHDDからカッタン、カッタンなどの異常音が聞こえ始めて、WINDOWSが正常起動しない・・・。認識できないといったトラブルが発生することが良くあります。
富士通製ノートパソコンLIFEBOOKでエラーコード「E104-1-1008」が発生!その原因と対処法
富士通製ノートパソコンLIFEBOOKで簡易診断の結果、このエラーコード「E104-1-1008」は「ハードディスクに機械的なトラブルの可能性」と診断結果あり。どうしたら良い?