MENU

削除しただけではデータは消えない!けれど

パソコンの中の資料やファイルが多すぎて、データをゴミ箱に入れて空にしまった場合、この状態では、ゴミ箱に入れられたデータは、まだハードディスクのディスク、つまりプラッター記録面には、まだ残っている状態です。

 

でも、残念ながらゴミ箱のデータを削除しただけでは大丈夫なのですが、そのデータの部分に新しいデータが、次々に上書きされて行った場合、つまりパソコンを使用してしまった場合には元のデータの復元は出来なくなる可能性が極めて高くなります。

 

データの容量規模は、仕事などによく使う、ワードやエクセルで、100KB〜300KBですが、写真の場合は、1MB〜3MB程度、 動画に至っては、4GB以上となるケースがあります。

 

 

この事から分かることは、上書きされたデータが、ワードやエクセルの場合は、データ容量が小さいので、削除されたデータにとって替わるのに時間が掛かりますが、写真の場合は約10倍、動画の場合は1万倍以上で、削除されたデータ部分をドンドンつぶして行きます。

 

ですから、データ削除後に写真や動画を保存したときは、すぐに上書きされて、削除データが無くなってしまう恐れが充分にあると言う事です。

 

大切なデータを復旧したいなら、費用と信頼度が大切です。

あとで後悔する前に知っておきたいデータ復旧業者の特徴とポイント

 

データ復旧業者比較

 

物理的にHDDが損傷していてもデータは消える

 

その他にも部分損傷が起こるケースが良くあります。部分損傷とは、例えば、写真データの下半分や上半分などがグレー色で塗りつぶされて、不完全なデータになってしまうことです。

 

良く写真データが部分的に損傷すると起こり、動画などの場合には全く開けない他、ノイズが走っている状態にもなります。このようにデータが不完全な状態になりやすいのが、削除後にごみ箱からデータを空にして使用を継続したケースです。

 

まだ、部分的に残っていれば良いほうで、多くの場合、削除したデータ容量やファイル数、そして使用した期間で決まります。データそのものが損傷していれば、復元したデータであっても損傷しているので厄介です。

 

 

また、ゴミ箱から削除した覚えがないのに、データが削除された時と同じように新しいデータに上書きされる場合もあります。

 

これは、ハードディスクのどこかに異常が発生している場合で、長年、読み書きを繰り返しているうちに、記録面の磁性体などが劣化した箇所が出来て、それが損傷に至ることや、停電や落雷などによる突発的な損傷が原因となるケースがあります。

 

 

自分で削除した記憶が無いのに、保管してあったデータがどうしても探せない、また、フォルダやファイルは有るけれど、これが開かない、データの読み込みに異常に時間がかかると言った場合には、ハードディスクの部分的な損傷や劣化が考えられますので、その後のパソコン操作には充分な注意が必要です。

 

大切なデータがある場合には、速やかに電源を切り、何もしないのが安全です。

 

というのも、むやみに使用しますと、かえって損傷をハードディスク全体にまで、拡げる恐れがありますから、一旦使用を中止することが最善の策なのです。
不具合原因の検討や検証を行うと益々、障害が悪化する可能性の方が高いのです。

 

 

以上のように、ハードディスクの障害の原因は沢山あり、原因がはっきり判れば対処の方法も確定できますが、判らない場合は、パソコンの操作をストップしてデータ復元の専門家に任せる方が無難です。

 

特に、大切なデータが保管してある時は、信頼できるデータ復元サービス業者に相談されることをお勧めします。

データピット

データピットドットコムの特徴

ハードディスクの物理障害でも格安なデータ復旧サービス会社。17年以上の実績があり人気です。

評価 評価5
備考 RAID5やRAID6といったNASサーバーにも対応。格安データ復旧業者の代表格。机の上から外付けHDDを落としてしまったといった重度障害にも低価格で対応しているため、個人、中小企業、大企業でも評判

オントラック

オントラックの特徴

信頼性では日本有数なデータ復旧サービス会社。ハードディスク以外の各種メディアにも対応。

評価 評価4.5
備考 法人申し込みと個人申し込みでは料金体系が異なる。現在、法人だけではなく個人ユーザーにも利用しやすくなっている。

アドバンスデザイン

アドバンスデザインの特徴

調査報告内容の評価が高いデータ復旧サービス会社。通常、調査報告内容は詳細には顧客には伝えられません。ですが、このアドバンスデザインは調査内容が的確であり信頼性も高いことが特徴です。

評価 評価4.5
備考 近年、とくにバッファロー製のテラステーションやリンクステーションなどのNASやRAIDサーバー対応にチカラを入れている

パソコンデータの誤った削除や上書きをした時、ごみ箱を空にしてしまった!どうすればよい?関連記事

データ復旧と暗号化の問題
データ復旧とセキュリティとの関係はバランスの問題です。特にハードディスクが故障した場合、その暗号化が適切だったかどうかが分かります。パソコンが起動しない、大切なデータファイルを救出したい。ハードディスクデータサルベージ業者を比較して紹介。
悪徳業者に騙されるまえに!「復元のチャンスは1回だけ!」なんて思っていませんか?
データ復旧業者に相談すると、データ復元はワンチャンスですから今すぐ、送ってくださいと脅されるケースがありますが、本当にワンチャンスなのでしょうか?
NAS(バッファロー製のリンクステーションなど)は一度でもトラブルが発生すると対応が困難になりやすいってホント!?
中小企業だけに限らず、最近では個人の家庭内でもNAS(バッファロー製のリンクステーションなど)を利用しているケースが増えてきました。でも、一度でもトラブルが発生すると対応が困難になりやすいと云われていますが、その実態とは!?
気を付けて!パソコンやハードディスクの物理障害!間違った操作でデータ復元が困難に!
実は想像以上に多いデータのトラブルはほとんどが人為的な二次災害よるものです。特に男性はその傾向が強く、ちょっとパソコンを知っている程度の初心者が操作を誤って事態を悪化させてしまうケースが良くあります。
復旧データ量が少ないほど料金は安くなる!?
SDカードやUSBメモリー、USB外付けHDD、パソコンなどデータを記録するメディアはドンドン増えています。その一方で故障トラブル時のデータ消失は悲劇的です。データを復旧したい場合・・・
物理障害のトラブルの原因!そのデータ復元の可能性と費用はどうなの?
HDDの物理障害には幾つかのパターンがあります。ヘッドの故障、モーターの故障、基盤の故障。そして一番最悪なのはプラッター記録面のスクラッチ損傷です。
データ復旧したいならデフラグはヤバイかも!?
デフラグはスキャンディスク(チェックディスク)同様に注意が必要な作業です。特に購入から数年が経ち経年劣化したハードディスクに対し実行すると、最悪データが破壊されたり、読み取りやアクセス不能になります。
TeraStation(テラステーション)にアクセスできない原因と対処法
TeraStation(テラステーション)にある日、突然アクセスできない!認識しないといった故障が発生するケースがあります。NASやRAIDは便利な反面、一度、トラブルが発生した場合非常に深刻な事態に陥ります。
ハードディスクやパソコンから変な音(異音)が聞こえる!どうしたら良い
昨日まで普通に使えていたパソコンやUSB外付けHDDからカッタン、カッタンなどの異常音が聞こえ始めて、WINDOWSが正常起動しない・・・。認識できないといったトラブルが発生することが良くあります。
富士通製ノートパソコンLIFEBOOKでエラーコード「E104-1-1008」が発生!その原因と対処法
富士通製ノートパソコンLIFEBOOKで簡易診断の結果、このエラーコード「E104-1-1008」は「ハードディスクに機械的なトラブルの可能性」と診断結果あり。どうしたら良い?