MENU

ユーザーの気持ちとズレるデータ復旧料金

個人ユーザーのほとんどがデータ復旧費用は3万円〜5万円を希望している方が一番多くなります。
それもそのはずで多くのユーザーはパソコン代金を基準に考えています。

 

パソコンの新品価格は10万円〜20万円ほど。安いものだと7万円くらいからあります。パソコンが故障して、例えデータを取り出せなくても、とりあえず正常に起動するパソコンを購入すれば良いとデータ復旧を諦める方がほとんです。

 

データ復旧費用も4,5万円で出来るなら良いかなと〜と思ってデータ復旧業者に見積もりを出したらビックリという方が少なくありません。それもそのはずで物理障害のデータ復旧費用の相場は35万円前後。論理障害でも5万円前後と、結構費用がかかるからです。

 

大切なデータを復旧したいなら、費用と信頼度が大切です。

あとで後悔する前に知っておきたいデータ復旧業者の特徴とポイント

 

データ復旧業者比較

 

データ復旧料金はハードディスク容量で決まることが一般的

復旧データ量が少ないほど料金が安くなると思っているユーザーの方が多いのですが、残念ながら実は復旧データ量の多さはほとんど見積もり価格に影響がありません。多くのデータ復旧業者が基準とするのは依頼品記録メディアの種類と記録容量、そして障害内容です。

 

なので、メディアの種類と容量が分かれば幅はありますが、概算の見積もり費用は業者側は分かります。

 

例えば、記録メディアがハードディスクで容量が1TBの場合、障害の内容の程度でかなり幅が出てきますが、概算の見積もり価格を業者に聞いてみると良いでしょう。

 

電話で相談し、「現物を確認してみないと正確なところは分からない」と云われるケースがほとんどでしょうが、幅があっても教えてくれる業者に依頼するのが良いでしょう。データ復旧料金の相場物理障害費用の相場平均の参考価格

 

この段階で見積もりの概算費用(料金の下限と上限)も教えてくれない業者は、後々トラブルが多いので注意が必要です。

何故、データ容量では決まらないのか?

例えば、ハードディスク容量が1TBの場合で、保存してあったデータが100GB、障害内容は「誤ってフォーマットしてしまった」論理障害と仮定しましょう。

 

このような一般的な論理障害のハードディスクのスキャニング作業は保存してあった100GB分では済みません・・・。ハードディスク容量が1TBの場合、1TB分の時間がかかります。それは保存してあったデータが100GBでも900GBでも変わらないのです。

 

 

では、クリーンルームで作業をする必要がある物理障害ではどうでしょうか?

 

ハードディスクの物理障害で多い故障のパターンはヘッドやモーターのトラブルです。クリーンルーム内で故障個所のヘッドやモーターを交換し、ドナーディスクを作成しデータを読み込める状態にします。

 

そして、その場合でもデータが100GBでも900GBでも物理障害の場合にはドナーディスクを作成する必要があります。この作業でデータの抽出が可能かどうかが決まります。抽出したデータはハードディスク情報を丸ごとコピーしサーバーに保管され、その上で別メディアにデータが移されユーザーに戻されます。物理障害はドナーディスク作成した上でハードディスク内のデータを全てスキャニングする必要があるためデータ量はほとんど見積額に影響しません。

 

つまり論理障害でも、物理障害でもデータ復旧業者はハードディスクの保存可能容量すべてをスキャンする必要があるわけです。

障害内容で変わるデータ復旧費用

メディアの種類と容量が分かればハッキリと見積価格が分かるわけではありません。論理障害と物理障害では全くかかる費用が変わるからです。それこそピンキリです。

 

例えば、記録メディアがハードディスクで容量が1TBの場合、多くの業者では論理障害の場合、3万円〜8万円程度。物理障害では20万円〜40万円程度になります。

 

つまり障害内容が不明な段階では記録メディアがハードディスクで容量が1TBの場合、安ければ3万円程度。障害が重く、物理障害の場合で、高い復旧業者だと40万円程度になることが一般的です。

 

障害内容が分からない段階での一般的な業者の回答は「5万円〜35万円」となるでしょう。かなり幅がありますが、多くのデータ復旧業者はこの上限値を言いたがらない傾向があります。ともかく送って欲しいの一点張りです・・・。

 

最初に上限値を言わないために、利用者との間にトラブルが絶えません・・・。

 

なので電話やメールで問い合わせをしたときは、この上限値をきちんと答えてくれる業者に依頼することをおススメします。

 

 

物理障害とは

ヘッドやモーター基盤などの故障により、ハードディスクが正常に起動できない状態を指します。

 

論理障害とは

論理障害は物理障害以外のデータトラブルとなります。
ハードディスクに限らず、USBメモリーやSDカードなどの記録メディアは論理障害か物理障害が発生しやすいものです。

物理障害と論理障害が同時に発生

多くのケースでは物理障害か論理障害かはハッキリしています。
ですが、中には物理障害と論理障害が同時に発生するケースがあります。それが所謂、重複障害です。

 

この重複障害が発生しやすいケースというものがあります。それは電気的なトラブルです。HDDの場合、強制終了や停電、落雷などの電気的なトラブルが発生したときに重複障害になりやすい傾向があります。

 

SDカードやUSBメモリーはハードディスクよりも電気的なトラブルに弱く、重複障害が発生しやすいデメリットがあります。特に静電気などに弱く、端子部分を静電気を帯びた手で触れるだけでも、コントロールチップやメモリーチップがショートしデータが消失します。

 

電気的なトラブルが起こったハードディスクやSDカードやUSBメモリーの重複障害はデータそのものを破壊、消失させるため専門のデータ復旧業者でもデータの復元は困難になります。

復旧データ量が少ないほど料金は安くなる会社もある

多くのデータ復旧専門業者が復旧データ容量での料金表を定めず、記録メディアの保存可能容量を料金の基準にしている理由がお分かりいただけたでしょうか?

 

 

料金が決まる5つの項目

 

  1. 記録メディアの種類
  2. 障害区分
  3. 物理的な保存可能容量
  4. 復旧先メディア
  5. 送料・取り外し作業の有無等

 

 

AとCについては現物を調査しなければハッキリと分かりませんが、その他の@、B、Dなどは予め分かるため、幅はありますが概算の費用はおおよそ分かるわけです。

 

このようにデータ復旧専門業者は「記録メディアの物理的な保存可能容量」で費用が決まりますが、業者の中には「データ復旧容量」で見積もりを出す会社もあります。
何故、「データ復旧容量」で見積もりを出すのかと云えば、おそらく利用者の心情を考えてのことだろうと推測されます。

 

基本的な費用は上記の5つの項目で決まりますが、利用者の心情を考慮して減額しているのでしょう。

 

なので、そのようなデータ復旧業者はデータ容量が少ないケースでは他社に比較して割安になるのでお得です。

データピット

データピットドットコムの特徴

ハードディスクの物理障害でも格安なデータ復旧サービス会社。17年以上の実績があり人気です。

評価 評価5
備考 RAID5やRAID6といったNASサーバーにも対応。格安データ復旧業者の代表格。机の上から外付けHDDを落としてしまったといった重度障害にも低価格で対応しているため、個人、中小企業、大企業でも評判

オントラック

オントラックの特徴

信頼性では日本有数なデータ復旧サービス会社。ハードディスク以外の各種メディアにも対応。

評価 評価4.5
備考 法人申し込みと個人申し込みでは料金体系が異なる。現在、法人だけではなく個人ユーザーにも利用しやすくなっている。

アドバンスデザイン

アドバンスデザインの特徴

調査報告内容の評価が高いデータ復旧サービス会社。通常、調査報告内容は詳細には顧客には伝えられません。ですが、このアドバンスデザインは調査内容が的確であり信頼性も高いことが特徴です。

評価 評価4.5
備考 近年、とくにバッファロー製のテラステーションやリンクステーションなどのNASやRAIDサーバー対応にチカラを入れている

復旧データ量が少ないほど料金は安くなる!?関連記事

データ復旧と暗号化の問題
データ復旧とセキュリティとの関係はバランスの問題です。特にハードディスクが故障した場合、その暗号化が適切だったかどうかが分かります。パソコンが起動しない、大切なデータファイルを救出したい。ハードディスクデータサルベージ業者を比較して紹介。
悪徳業者に騙されるまえに!「復元のチャンスは1回だけ!」なんて思っていませんか?
データ復旧業者に相談すると、データ復元はワンチャンスですから今すぐ、送ってくださいと脅されるケースがありますが、本当にワンチャンスなのでしょうか?
NAS(バッファロー製のリンクステーションなど)は一度でもトラブルが発生すると対応が困難になりやすいってホント!?
中小企業だけに限らず、最近では個人の家庭内でもNAS(バッファロー製のリンクステーションなど)を利用しているケースが増えてきました。でも、一度でもトラブルが発生すると対応が困難になりやすいと云われていますが、その実態とは!?
気を付けて!パソコンやハードディスクの物理障害!間違った操作でデータ復元が困難に!
実は想像以上に多いデータのトラブルはほとんどが人為的な二次災害よるものです。特に男性はその傾向が強く、ちょっとパソコンを知っている程度の初心者が操作を誤って事態を悪化させてしまうケースが良くあります。
パソコンデータの誤った削除や上書きをした時、ごみ箱を空にしてしまった!どうすればよい?
操作を間違って大切なデータを消去、抹消してしまった。ゴミ箱に入れて空にしてしまったなどのトラブルは良くあるケースです。その他にも実は、良くせぬデータ消失が起こるケースがあります。
物理障害のトラブルの原因!そのデータ復元の可能性と費用はどうなの?
HDDの物理障害には幾つかのパターンがあります。ヘッドの故障、モーターの故障、基盤の故障。そして一番最悪なのはプラッター記録面のスクラッチ損傷です。
データ復旧したいならデフラグはヤバイかも!?
デフラグはスキャンディスク(チェックディスク)同様に注意が必要な作業です。特に購入から数年が経ち経年劣化したハードディスクに対し実行すると、最悪データが破壊されたり、読み取りやアクセス不能になります。
TeraStation(テラステーション)にアクセスできない原因と対処法
TeraStation(テラステーション)にある日、突然アクセスできない!認識しないといった故障が発生するケースがあります。NASやRAIDは便利な反面、一度、トラブルが発生した場合非常に深刻な事態に陥ります。
ハードディスクやパソコンから変な音(異音)が聞こえる!どうしたら良い
昨日まで普通に使えていたパソコンやUSB外付けHDDからカッタン、カッタンなどの異常音が聞こえ始めて、WINDOWSが正常起動しない・・・。認識できないといったトラブルが発生することが良くあります。
富士通製ノートパソコンLIFEBOOKでエラーコード「E104-1-1008」が発生!その原因と対処法
富士通製ノートパソコンLIFEBOOKで簡易診断の結果、このエラーコード「E104-1-1008」は「ハードディスクに機械的なトラブルの可能性」と診断結果あり。どうしたら良い?