MENU

内蔵ディスクから異常音が発生

パソコントラブル

中古パソコン・新しいパソコンに限らず、USB接続外付けハードディスク・内臓ハードディスクから起ち上げると聞き覚えの無いおかしな音が聞こえることがあります。
音の種類としてはカッツン・カッツン、ジージー・カタン・カタンなど機械音がします。

 

電源ON時、Windows起ち上げ直後に聞こえてくる場合や、データ類を使おうとした時に聞こえる時もあります。

 

大きい音で長く続いたり、初めのうちは非常に激しい音がしたと思ったら
だんだんと聞こえなくなるといったケースもあります。

 

但し、例え異音が聞こえなくなっても、正常に認識される訳ではありません・・・。

 

大切なデータを復旧したいなら、費用と信頼度が大切です。

あとで後悔する前に知っておきたいデータ復旧業者の特徴とポイント

 

データ復旧業者比較

 


異音の原因は磁気ヘッドの故障が原因

ヘッド異常

こうしたおかしな音がきこえてくる要因としては
ハードディスク内にある磁気ヘッドの故障によるケースがほとんどです。
このような異音が聞こえる症状は物理障害でよく見られる症例です。

 

磁気ヘッド故障以外にも基盤やモーターだったり、
データを記録するプラッター面が傷ついたことで読み取り不可に
なってしまうといったものが物理障害、重度障害です。

 

特に机に置いてあるUSB外付けハードディスクやパソコンを
落下させてしまった時はヘッド故障やモーター故障が多々あります。

 

また、落としたり、踏んだりしていなくても、
普通に置いてある状態でも経年劣化によって故障を起こす場合があります。

 

早い場合、買った直後に故障したり、買ってから7日以内或いは数ヶ月の時も結構あるのです。

 

 

この事からも、ハードディスク(HDD)そのものの寿命については
普段使いでも3年過ぎると急速に壊れやすくなってしまう場合があるのです。

 

内蔵ハードディスクは家庭用電化製品とは違い5年や7年ももたないです。
ここ数年でハードディスクの容量は年々大きくなり
精密となっているため小さなトラブルでも、とても弱いのです。

 

現時点では何ともなくとも、買ってから3年を過ぎている時は
早急に大切なデータのバックアップをして新品のハードディスクと換えた方が安全です。

 

 

もし何かしらの異常音が聞こえてくる物理障害はデータ復旧を
個人で行うことは不可能ですからデータ復旧サービスの専門業者へ相談してみて下さい。

 

パソコン修理可能なメーカーでも、物理障害のデータ復旧はしてもらえません。
勿論、パソコンショップや家電量販店の修理店舗でもデータサルベージは不可能です。

 

クリーンルームなどの専用の設備や機材と技術者がいないと出来ないからです。

 

但し、中には悪徳のデータ復旧業者もいるので注意が必要です。


異音が発生した場合、BIOS上でも認識不可

そもそも、物理障害とは、機械的に故障している状態ですから、コマンドやキーボード入力など、どんな操作も受付ません。

 

BIOSでもドライブを認識していない状態(認識不良)のため、当然です。
そのため、有料、無料を問わず、データ復元ソフトも使えません・・・。

 

 

また物理障害に関しては通電させると状況が悪くなっても復旧は出来ないので、そのまままずは、現状維持にしておくほうがデータを復旧させる最善の方法です。下手にいじってしまうと取り返しのつかない事態となってしまいます。

 

 

例えば、個人で使っていた場合、結婚披露宴・新婚旅行・お子さんが誕生し、成長過程を撮りためた写真等々
ハードディスクの中には絶対に消したくない貴重な思い出がデータとして残っていることが多くあります。

 

ウィンドウズが起動できなくても、データが無事なら良いですが、
大抵の場合、パソコンが正常に立ち上がらない・・・イコール、ハードディスクの物理障害というケースが多いのです。

 

 

夫婦にとっても子どもたちにとっても家族写真というのは、どれも大切なものばかりですし、失ってしまったら二度と取り戻すことができないのです。
もう一度、子供の成長を戻すことは出来ないからです。

 

 

その他、企業でも同様です。長年の研究データや会計決算データ・・・取引先企業との請求書や見積書、デザインデータ、現場の写真撮影データetc。

 

個人のデータが写真や動画、音楽データなどが多いのに対し、法人では、ワードやエクセルなどのオフィス系データ、pdfやCADデータなどの業務や仕事で使っているアプリケーションのデータが保存されているケースがほとんどです。

 

 

 

個人や法人を問わず、事前にバックアップをしているのであれば大きな支障はないですが、問題が発生するのは、どうした訳か、バックアップが出来ていない時に起こってしまうものなのです。

 

最悪な状態とならないように、異音が聞こえたり、机の上からUSB外付けHDDやノートパソコンなどを落としてしまい問題が起きてしまった場合は余計な事をせず今の状況を崩さないように保存して下さい。

データピット

データピットドットコムの特徴

ハードディスクの物理障害でも格安なデータ復旧サービス会社。17年以上の実績があり人気です。

評価 評価5
備考 RAID5やRAID6といったNASサーバーにも対応。格安データ復旧業者の代表格。机の上から外付けHDDを落としてしまったといった重度障害にも低価格で対応しているため、個人、中小企業、大企業でも評判

オントラック

オントラックの特徴

信頼性では日本有数なデータ復旧サービス会社。ハードディスク以外の各種メディアにも対応。

評価 評価4.5
備考 法人申し込みと個人申し込みでは料金体系が異なる。現在、法人だけではなく個人ユーザーにも利用しやすくなっている。

アドバンスデザイン

アドバンスデザインの特徴

調査報告内容の評価が高いデータ復旧サービス会社。通常、調査報告内容は詳細には顧客には伝えられません。ですが、このアドバンスデザインは調査内容が的確であり信頼性も高いことが特徴です。

評価 評価4.5
備考 近年、とくにバッファロー製のテラステーションやリンクステーションなどのNASやRAIDサーバー対応にチカラを入れている

ハードディスクやパソコンから変な音(異音)が聞こえる!どうしたら良い関連記事

データ復旧と暗号化の問題
データ復旧とセキュリティとの関係はバランスの問題です。特にハードディスクが故障した場合、その暗号化が適切だったかどうかが分かります。パソコンが起動しない、大切なデータファイルを救出したい。ハードディスクデータサルベージ業者を比較して紹介。
悪徳業者に騙されるまえに!「復元のチャンスは1回だけ!」なんて思っていませんか?
データ復旧業者に相談すると、データ復元はワンチャンスですから今すぐ、送ってくださいと脅されるケースがありますが、本当にワンチャンスなのでしょうか?
NAS(バッファロー製のリンクステーションなど)は一度でもトラブルが発生すると対応が困難になりやすいってホント!?
中小企業だけに限らず、最近では個人の家庭内でもNAS(バッファロー製のリンクステーションなど)を利用しているケースが増えてきました。でも、一度でもトラブルが発生すると対応が困難になりやすいと云われていますが、その実態とは!?
気を付けて!パソコンやハードディスクの物理障害!間違った操作でデータ復元が困難に!
実は想像以上に多いデータのトラブルはほとんどが人為的な二次災害よるものです。特に男性はその傾向が強く、ちょっとパソコンを知っている程度の初心者が操作を誤って事態を悪化させてしまうケースが良くあります。
パソコンデータの誤った削除や上書きをした時、ごみ箱を空にしてしまった!どうすればよい?
操作を間違って大切なデータを消去、抹消してしまった。ゴミ箱に入れて空にしてしまったなどのトラブルは良くあるケースです。その他にも実は、良くせぬデータ消失が起こるケースがあります。
復旧データ量が少ないほど料金は安くなる!?
SDカードやUSBメモリー、USB外付けHDD、パソコンなどデータを記録するメディアはドンドン増えています。その一方で故障トラブル時のデータ消失は悲劇的です。データを復旧したい場合・・・
物理障害のトラブルの原因!そのデータ復元の可能性と費用はどうなの?
HDDの物理障害には幾つかのパターンがあります。ヘッドの故障、モーターの故障、基盤の故障。そして一番最悪なのはプラッター記録面のスクラッチ損傷です。
データ復旧したいならデフラグはヤバイかも!?
デフラグはスキャンディスク(チェックディスク)同様に注意が必要な作業です。特に購入から数年が経ち経年劣化したハードディスクに対し実行すると、最悪データが破壊されたり、読み取りやアクセス不能になります。
TeraStation(テラステーション)にアクセスできない原因と対処法
TeraStation(テラステーション)にある日、突然アクセスできない!認識しないといった故障が発生するケースがあります。NASやRAIDは便利な反面、一度、トラブルが発生した場合非常に深刻な事態に陥ります。