MENU

悪質な業者ほど、「復元のチャンスは1回だけ!」とユーザーを焦らす

パソコンが立ち上がらず、トラブルに遭遇したとき、「データは触らず、データ復元専門の業者に依頼する」
ということは、常識として、皆さん知っていることではりますが、「復元のチャンスは1回だけ!」・・・なんて思っていませんか?

 

悪質なデータ復元業者の場合、「データを復旧できるチャンスは1回だけなので、気を付けてください!」と、親切なのか、脅しているのか分からない口調で説明する業者もいますが、厳密には違います!

 

 

ハードディスクが物理的に壊れている場合、下手に開封したり、きちんと元に密閉しないとワンチャンスになってしまうケースもありますが、一般的な論理障害の場合、調査復旧は何回でも出来ます。

 

余程、データ領域に加工や操作がされてしまうなら別ですが、そもそも、悪質な業者ほど、「復元のチャンスは1回だけ!」とユーザーを焦らすケースが多いので要注意です。

 

大切なデータを復旧したいなら、費用と信頼度が大切です。

あとで後悔する前に知っておきたいデータ復旧業者の特徴とポイント

 

データ復旧業者比較

 

データ復旧業者選びは要注意!

この機会に正しい知識を習得してください☆

 

  1. ハードディスクを開封して中の様子をみた
  2. マジックでプラッター記録面を落書きした
  3. ヘッドアクチュエーターを曲げてしまった
  4. プラッター記録面を傷つけてしまった

 

このような乱暴な扱いをしてしまったならば、復旧のチャンスは1回あるかどうか・・・深刻な事態ですが、余程ひどいことをしない限り、通常はデータの復元はできます!

 

但し、データ復旧業者選びも、重要なので、下記のような業者は要注意です!

 

★「ハードディスクのデータ復元はワンチャンスなので、スグに弊社に郵送ください」なんて、脅すような業者には決して依頼しないこと!慌てて言いなりになってはダメですよ!

 

これらは、業者側の営業トークであり、顧客獲得のための、テクニックにすぎません。
たとえ、技術力はあったとしても、
営業・カスタマーサポートが手薄な業者が多いので、
よくよく吟味して、大切なデータを保存しているHDDを預けましょう〜。

 

特にこのようなセルフを言う業者の代表格に日本○○○テクノロジーがあります・・・。
数年前からPPC広告を使って、荒稼ぎしている業者なので、気を付けてくださいね。

 

インターネットのユーザーは検索エンジンの上位に表示している会社は良い会社だと勘違いしている人もいるのですが、現在、最初から5番目くらいまでのホームページはお金を払って広告を出している業者のサイトばかりが表示されています。
最初から5番目くらいまでのホームページは広告費用が通常よりも多くかかるので、費用も割高のケースがほとんですので、気を付けましょう。

 

 

★業者が、ハードディスクを開封する時に、あなたの許可を得る事なく、勝手に開封する業者も要注意です!開封作業は、その後の調査や復旧に影響を与えるので、勝手に扱うなど言語道断です!強く指摘しましょう!!

 

データ復元業者に持ち込もうとしているあなた!
その会社、大丈夫ですか?

 

データを預ける際には、データ復元業者の対応は誠実・親切・丁寧であるか?よく様子を伺って、少しでも不安な感じを受けたなら、その業者はやめておきましょう。

 

「やはり、やめよう・・・」と、いざ、断ろうとすると…今まで○十万円といっていた見積りが、いきなり「半額にします。」なんていう、カスタマーサポートが優れているのか、最初からボッタクリしようとしていたのか、意味不明な行動をし始める業者もあります。「そんなに安くしてくれるなら、じゃ〜頼もうか・・・」なんて、決して取り込まれることのないようにしてくださいね!

 

「それでも、諦めます。」と、強く出てください。逆に、ここまでして、やっと開放してくれるような、意地の悪い業者には捕まらないように!

 

こんな無駄に時間を浪費をするようなことのないように、ホームページなどで、料金価格など記載の有無を調べてから、問い合わせしましょう。

 

特に、日本○○○○などは、技術力はあっても、営業やサポートが糞なので、お勧めしません。

 

「ハードディスクのデータ復元はワンチャンスです・・・」

 

営業トークに惑わされず、あなたの目で安心して任せられる業者を見つけてください。

 

データピット

データピットドットコムの特徴

ハードディスクの物理障害でも格安なデータ復旧サービス会社。17年以上の実績があり人気です。

評価 評価5
備考 RAID5やRAID6といったNASサーバーにも対応。格安データ復旧業者の代表格。机の上から外付けHDDを落としてしまったといった重度障害にも低価格で対応しているため、個人、中小企業、大企業でも評判

オントラック

オントラックの特徴

信頼性では日本有数なデータ復旧サービス会社。ハードディスク以外の各種メディアにも対応。

評価 評価4.5
備考 法人申し込みと個人申し込みでは料金体系が異なる。現在、法人だけではなく個人ユーザーにも利用しやすくなっている。

アドバンスデザイン

アドバンスデザインの特徴

調査報告内容の評価が高いデータ復旧サービス会社。通常、調査報告内容は詳細には顧客には伝えられません。ですが、このアドバンスデザインは調査内容が的確であり信頼性も高いことが特徴です。

評価 評価4.5
備考 近年、とくにバッファロー製のテラステーションやリンクステーションなどのNASやRAIDサーバー対応にチカラを入れている

悪徳業者に騙されるまえに!「復元のチャンスは1回だけ!」なんて思っていませんか?関連記事

データ復旧と暗号化の問題
データ復旧とセキュリティとの関係はバランスの問題です。特にハードディスクが故障した場合、その暗号化が適切だったかどうかが分かります。パソコンが起動しない、大切なデータファイルを救出したい。ハードディスクデータサルベージ業者を比較して紹介。
NAS(バッファロー製のリンクステーションなど)は一度でもトラブルが発生すると対応が困難になりやすいってホント!?
中小企業だけに限らず、最近では個人の家庭内でもNAS(バッファロー製のリンクステーションなど)を利用しているケースが増えてきました。でも、一度でもトラブルが発生すると対応が困難になりやすいと云われていますが、その実態とは!?
気を付けて!パソコンやハードディスクの物理障害!間違った操作でデータ復元が困難に!
実は想像以上に多いデータのトラブルはほとんどが人為的な二次災害よるものです。特に男性はその傾向が強く、ちょっとパソコンを知っている程度の初心者が操作を誤って事態を悪化させてしまうケースが良くあります。
パソコンデータの誤った削除や上書きをした時、ごみ箱を空にしてしまった!どうすればよい?
操作を間違って大切なデータを消去、抹消してしまった。ゴミ箱に入れて空にしてしまったなどのトラブルは良くあるケースです。その他にも実は、良くせぬデータ消失が起こるケースがあります。
復旧データ量が少ないほど料金は安くなる!?
SDカードやUSBメモリー、USB外付けHDD、パソコンなどデータを記録するメディアはドンドン増えています。その一方で故障トラブル時のデータ消失は悲劇的です。データを復旧したい場合・・・
物理障害のトラブルの原因!そのデータ復元の可能性と費用はどうなの?
HDDの物理障害には幾つかのパターンがあります。ヘッドの故障、モーターの故障、基盤の故障。そして一番最悪なのはプラッター記録面のスクラッチ損傷です。
データ復旧したいならデフラグはヤバイかも!?
デフラグはスキャンディスク(チェックディスク)同様に注意が必要な作業です。特に購入から数年が経ち経年劣化したハードディスクに対し実行すると、最悪データが破壊されたり、読み取りやアクセス不能になります。
TeraStation(テラステーション)にアクセスできない原因と対処法
TeraStation(テラステーション)にある日、突然アクセスできない!認識しないといった故障が発生するケースがあります。NASやRAIDは便利な反面、一度、トラブルが発生した場合非常に深刻な事態に陥ります。
ハードディスクやパソコンから変な音(異音)が聞こえる!どうしたら良い
昨日まで普通に使えていたパソコンやUSB外付けHDDからカッタン、カッタンなどの異常音が聞こえ始めて、WINDOWSが正常起動しない・・・。認識できないといったトラブルが発生することが良くあります。
富士通製ノートパソコンLIFEBOOKでエラーコード「E104-1-1008」が発生!その原因と対処法
富士通製ノートパソコンLIFEBOOKで簡易診断の結果、このエラーコード「E104-1-1008」は「ハードディスクに機械的なトラブルの可能性」と診断結果あり。どうしたら良い?