GPT保護パーティションとは?そのトラブル

MENU

ディスク・パーティションの管理方式は2つ

gpt

最近はHDDも大容量になり価格も随分安く購入することができるようになってきました。

 

主に、ディスク・パーティションの管理方式にはMBR形式とGPT形式があります。Windows OS(ウィンドウズ)のどちらにでも使えるようになっています。BUFFALO のLS系Link Station(リンクステーション)でもGPT形式が使われるようになりました。

 

しかし、このために、Macintosh(マック)の外付けとして使っていたHDDを旧型のOS(オペレーションシステム)を付けているWindows XP(ウインドウズ)より古いタイプのOSでは接続できないことがあります。

 

その中で状況によってはこんなメッセ―ジが表示される場合があります。「フォーマットする必要があります」「フォーマットしますか」「フォーマットされていません」「フォーマットして下さい」が出て結局エラーになってしまいます。

 

こんな表示が出てしまったら・・・コントロールパネルからディスクの管理を選択します。それから、パーティションの削除や再フォーマットを選択しなければいけません使えません。

 

しかし、この場合は、薄く表示されて選択できない状態になっています。

 

この原因は主に、Macintosh(マック)やバッファローのLink Station(リンクステーション)では最新のGPT形式(GUIDパーティションテーブル)で管理されている場合があるからです。外付けハードディスクでも2TB以上の容量があるものはGPTの場合があります。

 

大切なデータを復旧したいなら、費用と信頼度が大切です。

あとで後悔する前に知っておきたいデータ復旧業者の特徴とポイント

 

データ復旧業者比較

 

 

GPT保護パーティションが削除できない

 

なので、古い型のパーティションで管理されているWindowsによって破壊されないようにガードしているからです。そのため、GPT形式のディスクを接続しても表示されないので作成や削除も不可能になります。

 

それでも何とかしてデータを削除したいと思い、Serial ATA (シリアルATA)して、仮にパソコンに接続が出来ても、GPT保護のため、結局ユーザーは、新しいパーティションの作成も保護パーティションも削除のできない状態になります。


GPTとは

GPT 「 GUID Partition Table 」 GUIDパーティションテーブルとはハードディスクなどの外部記憶装置のパーティション管理方式の一つです。HDDのパーティション管理の方法には一般的にはMBR形式とGPT形式の2種類があります。

 

GUIDパーティションテーブルが作成されたHDDには一緒に、「GPT保護パーティション」も作られます。最近は、HDDも以前に比べたら遥かに容量も多くなり価格も一般のユーザーにも求めやすい価格で人気があります。基本的にはMBR形式とGPT形式になります。

 

 

 

しかし、Windows のOSがWindows XPより古いタイプでWindows 98や Windows XPのOSにはGPT形式は接続できません。無理にWindows XPより古いタイプのOSシステムでGPT形式の管理ツールを接続しようとしても、残念ながら、「GPT保護パーティション」と表示されるだけでHDDには何の反応もありません。古いOSのウィンドウズからは実際にHDDにアクセスすることは不可能なのです。

 

Windows XPより古いタイプにはMBR形式しか使用できません。

 

なぜ、GPT形式は使用できないのでしょうか?

 

このGPT形式は大容量(2TB以上)のHDDを対象に作られたpartition(パーティション)の管理方法だからです。GPTでは、最大8ZiB迄の領域を管理可能です。なので、Windows XPより古いタイプのOSは、「GPT保護パーティション」に接続することができないのです。

 

 

コマンドプロンプトでパーティション操作

cmd

Windows Vista、WindowsR XP、および Windows Server 2003で「GPT保護パーティション」を削除する方法はCommand Prompt(コマンドプロンプト )を開きます。ウィンドウズ7などの場合、コマンドプロンプトはスタートメニューから開くことが可能です。まずスタートメニューの検索で「cmd.exe」と入力すると検索結果に表示されるのがコマンドプロンプトです。

 

 

それから、diskparコマンドを実行するとディスクのパーティションを操作できるので実行します。その後、cleanを入力すると「GPT保護パーティション」は消去されます。

 

その時に注意することは、大事なデータも一緒に削除することになります。HDDを扱う場合は慎重に実行しなければ、後で後悔することになるので作業には注意が必要です。

 

データピット

データピットドットコムの特徴

ハードディスクの物理障害でも格安なデータ復旧サービス会社。17年以上の実績があり人気です。

評価 評価5
備考 RAID5やRAID6といったNASサーバーにも対応。格安データ復旧業者の代表格。机の上から外付けHDDを落としてしまったといった重度障害にも低価格で対応しているため、個人、中小企業、大企業でも評判

オントラック

オントラックの特徴

信頼性では日本有数なデータ復旧サービス会社。ハードディスク以外の各種メディアにも対応。

評価 評価4.5
備考 法人申し込みと個人申し込みでは料金体系が異なる。現在、法人だけではなく個人ユーザーにも利用しやすくなっている。

アドバンスデザイン

アドバンスデザインの特徴

調査報告内容の評価が高いデータ復旧サービス会社。通常、調査報告内容は詳細には顧客には伝えられません。ですが、このアドバンスデザインは調査内容が的確であり信頼性も高いことが特徴です。

評価 評価4.5
備考 近年、とくにバッファロー製のテラステーションやリンクステーションなどのNASやRAIDサーバー対応にチカラを入れている

GPT保護パーティションとは?そのトラブル関連記事

DISK BOOT FAILURE とエラーメッセージが表示される原因
DISK BOOT FAILURE とエラーメッセージが表示される原因。パソコンが起動しない、大切なデータファイルを救出したい。
「フォーマットする必要があります」の警告メッセージは要注意!!
「フォーマットする必要があります」「フォーマットされていません。今すぐフォーマットしますか?」とエラーメッセージが表示される原因。パソコンが起動しない、大切なデータファイルを救出したい。
パソコンの「STOPエラー」、「ブルースクリーン」の原因とは?
パソコンのモニター画面が青いバックに白い英語の文字が表示されるトラブルがあります。通称、ブルーバック、またはブルースクリーンというエラーの原因とは。パソコンが起動しない、大切なデータファイルを救出したい。
ウィンドウズやパソコンの修理や修復さえ出来れば、データも元に戻るのでは?
パソコンのサポートセンターやヘルプデスクでは、起動できなくなった場合に、最初に『BIOS上でハードディスクを認識しているかどうか?』、また『F8などのキーを押した場合、WINDOWSの最小構成であるセーフモードが起動するかどうか?』を確認します。
バッファロー製リンクステーションやランディスクにアクセスできない原因と対処法
アイオーデータ製のLANDISKを始めBUFFALO製のLINKSTATION、TERASTATIONなどのNASやRAIDはルーターでDHCP自動割り当てか固定IPの手動割り当てなのかでアクセス出来ない場合の対処法や原因特定が変わります。
要注意!!あなたの不注意で物理障害は起こる
物理障害は古くなったり、乱暴に扱ったら起こるというものではありません。昨日まで普通に使用できていたのに突然、HDDを認識しない、パソコンが起動しないというケースが良くあります。
チェックディスク(スキャンディスク)でファイル・フォルダが消えるトラブル多発中!
購入後、日数があまり経っていないハードディスクなどの記録メディアに対し実行する場合には問題ありませんが、3年以上経過したハードディスクの場合、チェックディスクは非常に危険です。