あなたの不注意で物理障害は起こる

MENU

物理障害の症状

パソコンの電源を入れても通常の画面が表示されないばかりか、「ギーギー」とか「カッタン、カッタン」という機械的な音がする場合は殆どが物理障害が原因と考えられます。

 

HDDの物理障害は突然の雷や衝撃などで生じるものと思われている人が多いようですが、実際はこのようなことはあまり関係なくトラブルが起きています。

 

特にまだ購入して3年位でHDDにトラブルが急激に起きてサポートセンターに問い合わす人もいます。

 

また、最近のHDDの高密度・高回転化によりさらに負担がかかり物理障害が起きやすくなってきていると言われています。

 

なので、HDDは消耗品と考えたほうがいいでしょう。そのため家族な大事な思い出や、会社の重要なデータなどはHDDにトラブルが起きない内に小まめにバックアップすることをすすめます。

 

大切なデータを復旧したいなら、費用と信頼度が大切です。

あとで後悔する前に知っておきたいデータ復旧業者の特徴とポイント

 

データ復旧業者比較

 

データが消失・削除される原因

データが消失したり、削除されてしまう主な考えれる原因は下記の通りです。

 

  1. HDDなどのハードウェアに何らかの障害が出た場合
  2. ゴミ箱やDeleteキーなどでデータを削除した場合
  3. コンピュータプログラムが何らかのトラブルで誤って起動してしまった
  4. ウィルスなどが原因でシステムの破損あるいは誤って必要なデータを削除したなどが考えられます。

HDDの物理障害の具体的な事例としては

  1. HDDから突然「ギー・ギー」と異音がしている
  2. BIOSで認識しない
  3. モーター音がしない
  4. 明らかに水没してしまった
  5. 机の上などから落としてしまった

 

 

データ損失のトラブルの中でも一番厄介で事例の多いのがHDDなどのハードウエアのトラブルによる事例が多いです。中でも人的ミスでおこる物理障害も意外と多くあります。

 

例えば、ノートパソコンを落としてしまい衝撃を与えてHDDが壊れてしまったとか、飲み物をこぼしてしまってノートパソコンのキーボードを濡らしてしまった事例もあります。その他には、猫や犬などペットを飼っていて、外付けHDDやノートパソコンなどを机から落としてしまうケースもあります。

 

電気経路などにトラブルが起きた場合も「物理障害」と呼んでいます。

 

このようなトラブルが起きた場合は自分でHDDを開けて直そうとしないでデータ復旧の専門業者に依頼することをおすすめします。

 

 

HDDやパソコンの異常と思われる前兆

いつものように電源をいれても突然HDDが破損してしまったという事例はよく聞きます。

 

しかし、ハードディスクドライブに突然トラブルが生じたと思っていても実はかなり以前から前触れがあったケースが見受けられます。日頃からこのトラブルの兆候を見逃さないことが大事なデータを無くさないためにも必要なことです。

 

また、HDDの物理的トラブルが起きた時に個人で消失したデータを復旧しようと挑んでも殆ど失敗することが多いので特に注意が必要です。

 

一般的にHDDの異常と思われる前兆とは

 

  1. ファイルデータを読み書きする時にエラーになる
  2. フォルダが見えるけど開かない
  3. 異常な機械音がする
  4. アプリケーションのセットアップまたはインストールを受け付けない
  5. データを保存しようと思っても異常に時間がかかってしまうetc.

 

 

HDDのトラブルの事例と原因をあげてみると

 

電気系統の障害の場合

 

基盤に異常があってそれが原因でモーターが回転しない。過電流、落雷、停電、基盤不良など主に電気的なトラブルが故障の原因です。

 

基盤が壊れていると場合

 

基盤にトラブルがあると、BIOSで識別することが不可能になります。その結果モーターの回転がしなくなる場合があります。

 

基盤に異常があるかどうかの確認方法はHDDを取り出して確認する方法があります。基盤が焦げていないか?異臭はないか?このような症状が見受けられたら基盤に異常があると考えていいです。SEAGATE(シーゲイト)製や古くはQUNTAM(カンタム)製などは過去にウァームウェア不良や基盤不良が多発した事例があります。

 

モーターの回転が正常に行われているか確認する

 

モーターが正常に廻っているか確認するためにHDDを取り出して確認する方法があります。モーターが廻っていない場合は基盤やファームウェア、モーターのトラブルが考えられます。また異音が発生している場合にはスグに電源を落として、何度も通電しない方が安全です。

自分でHDDを分解しないこと

このようなトラブルを確認するために個人でHDDを分解してはいけません。HDDはとても精密でデリケートな機器です。HDDを分解したからと言っても元の状態に戻せる保証は全くありません。そもそもHDDを分解するならクリーンルームやクリーンブース内で慎重に開封する必要があります。

 

なので、パソコンが全く反応しないとかWindowsのロゴがでなくて止まってしまったなどの異常な状態になった場合はデータ復旧の専門業者に依頼したほうが安全です。

 

しかし、業者によってはHDD開けることで、さらに最悪な状態で戻ってくる例もあります。
データ復元業者に依頼する場合は、悪徳業者に騙されたりしないように慎重に選ぶことが大事です。

 

データピット

データピットドットコムの特徴

ハードディスクの物理障害でも格安なデータ復旧サービス会社。17年以上の実績があり人気です。

評価 評価5
備考 RAID5やRAID6といったNASサーバーにも対応。格安データ復旧業者の代表格。机の上から外付けHDDを落としてしまったといった重度障害にも低価格で対応しているため、個人、中小企業、大企業でも評判

オントラック

オントラックの特徴

信頼性では日本有数なデータ復旧サービス会社。ハードディスク以外の各種メディアにも対応。

評価 評価4.5
備考 法人申し込みと個人申し込みでは料金体系が異なる。現在、法人だけではなく個人ユーザーにも利用しやすくなっている。

アドバンスデザイン

アドバンスデザインの特徴

調査報告内容の評価が高いデータ復旧サービス会社。通常、調査報告内容は詳細には顧客には伝えられません。ですが、このアドバンスデザインは調査内容が的確であり信頼性も高いことが特徴です。

評価 評価4.5
備考 近年、とくにバッファロー製のテラステーションやリンクステーションなどのNASやRAIDサーバー対応にチカラを入れている

要注意!!あなたの不注意で物理障害は起こる関連記事

DISK BOOT FAILURE とエラーメッセージが表示される原因
DISK BOOT FAILURE とエラーメッセージが表示される原因。パソコンが起動しない、大切なデータファイルを救出したい。
「フォーマットする必要があります」の警告メッセージは要注意!!
「フォーマットする必要があります」「フォーマットされていません。今すぐフォーマットしますか?」とエラーメッセージが表示される原因。パソコンが起動しない、大切なデータファイルを救出したい。
パソコンの「STOPエラー」、「ブルースクリーン」の原因とは?
パソコンのモニター画面が青いバックに白い英語の文字が表示されるトラブルがあります。通称、ブルーバック、またはブルースクリーンというエラーの原因とは。パソコンが起動しない、大切なデータファイルを救出したい。
GPT保護パーティションとは?そのトラブル
ハードディスクの取り決めにはMBR方式とGPT方式の2つがあります。最近ではGPT方式が一般的ですが、実はこのGPT保護パーテーションはトラブルの際には厄介な存在なのです。
ウィンドウズやパソコンの修理や修復さえ出来れば、データも元に戻るのでは?
パソコンのサポートセンターやヘルプデスクでは、起動できなくなった場合に、最初に『BIOS上でハードディスクを認識しているかどうか?』、また『F8などのキーを押した場合、WINDOWSの最小構成であるセーフモードが起動するかどうか?』を確認します。
バッファロー製リンクステーションやランディスクにアクセスできない原因と対処法
アイオーデータ製のLANDISKを始めBUFFALO製のLINKSTATION、TERASTATIONなどのNASやRAIDはルーターでDHCP自動割り当てか固定IPの手動割り当てなのかでアクセス出来ない場合の対処法や原因特定が変わります。
チェックディスク(スキャンディスク)でファイル・フォルダが消えるトラブル多発中!
購入後、日数があまり経っていないハードディスクなどの記録メディアに対し実行する場合には問題ありませんが、3年以上経過したハードディスクの場合、チェックディスクは非常に危険です。