MENU

フォーマットするときは要注意

パソコンを使用中に、いきなり次のようなエラーメッセージが出ることがあります。

 

「フォーマットされていません。今すぐフォーマットしますか?」
もしくは、OSがVISTA以降であった場合には、
「フォーマットする必要があります」と若干、表示が違うのですが、エラーメッセージの意味は同じです。

 

 

突然のメッセージの登場により、慌ててしまうかのしれませんが、
このメッセージはデスクトップ、ノートパソコン以外にも
USBメモリや外付けハードディスクでも同様に登場する警告メッセージです。

 

しかし、ここでメッセージの通りに「はい」をクリックしてフォーマットを行ってしまうと、
保存されていた大事なデータが消えてしまい二度と元には戻らなくなってしまうかもしれません。

 

大切なデータを復旧したいなら、費用と信頼度が大切です。

あとで後悔する前に知っておきたいデータ復旧業者の特徴とポイント

 

データ復旧業者比較

 

 

フォーマットとは

このフォーマットとは、そのメディアを利用できるようにするために、記憶領域を小さく区分分けして、
どこに何を記録したかを管理・保存できるようにするための作業であり、
逆に言えばフォーマットされていないハードディスクや外付けハードディスク、USBメモリなどのメディア類は一切利用することはできません。

 

もちろんフォーマットをすればパソコンで利用できるメディアに書き換えられるので、使用することはできるようになる可能性はありますが、もし既に、そのメディアに大切な写真や仕事上で重要なデータが入っていた場合には、全て消失してしまうのです。

 

 

また、フォーマットしようとしても、フォーマットに失敗して、
データは消失し、記録メディアも使えないという最悪のパターンもよく発生するので注意が必要です。

 

 

では何故、既にフォーマット済みでデータが入っているメディアが認識されないのでしょうか。
それはパーティションの区画情報が書かれているパーティションブートレコードのセクターに、
何らかのトラブルが発生し、読み取ることができなくなっている可能性が考えれます。

 

そのため、パソコン側はそのメディアに対してフォーマットされていないという認識をし、エラーメッセージが出てきてしまうのです。

 

なので
「フォーマットしますか?」
「フォーマットしてください」
というエラーメッセージに対しては
「いいえ」
を選ばないと大変なことになってしまいます。

 

 

 

フォーマットができない!?

またパソコンやハードディスク、USBなどでもメディアが物理的に故障している場合には、残念ながらフォーマットをすることすらできません・・・。
その場合、フォーマットしようとしても、時間がかかった挙げ句にパソコンがフリーズしてしまったり、
「フォーマットに失敗しました」などのエラーメッセージが出てくることがあります。

 

そのため、このようなメッセージが出てきた場合には、できる限り何も行わない状態でデータ復旧サービス会社を利用するしたほうが安全です。
下手にあれこれいじったり通電させることによって、より状態は悪化します。

 

アレコレ操作することで、人為的に2次災害を発生させてしまうケースが多いからです。

 

 

なのでエラーメッセージが出た際には、それ以上は何もせずに、
データ復元サービス会社に状況を説明して、相談しながら復旧依頼をした方が確実です。

 

 

特に家族写真や思い出の記録、もしくは仕事上で重要なデータが消えてしまったら、もしかすると二度と元に戻らなくなることもあり得ます。
そういった意味でも、「フォーマットしますか?」「フォーマットしてください」「フォーマットされていません」
「今すぐフォーマットしますか」などのエラーメッセージが登場した際には、慎重に対応することが必要です。

 

データピット

データピットドットコムの特徴

ハードディスクの物理障害でも格安なデータ復旧サービス会社。17年以上の実績があり人気です。

評価 評価5
備考 RAID5やRAID6といったNASサーバーにも対応。格安データ復旧業者の代表格。机の上から外付けHDDを落としてしまったといった重度障害にも低価格で対応しているため、個人、中小企業、大企業でも評判

オントラック

オントラックの特徴

信頼性では日本有数なデータ復旧サービス会社。ハードディスク以外の各種メディアにも対応。

評価 評価4.5
備考 法人申し込みと個人申し込みでは料金体系が異なる。現在、法人だけではなく個人ユーザーにも利用しやすくなっている。

アドバンスデザイン

アドバンスデザインの特徴

調査報告内容の評価が高いデータ復旧サービス会社。通常、調査報告内容は詳細には顧客には伝えられません。ですが、このアドバンスデザインは調査内容が的確であり信頼性も高いことが特徴です。

評価 評価4.5
備考 近年、とくにバッファロー製のテラステーションやリンクステーションなどのNASやRAIDサーバー対応にチカラを入れている

「フォーマットする必要があります」の警告メッセージは要注意!!関連記事

DISK BOOT FAILURE とエラーメッセージが表示される原因
DISK BOOT FAILURE とエラーメッセージが表示される原因。パソコンが起動しない、大切なデータファイルを救出したい。
パソコンの「STOPエラー」、「ブルースクリーン」の原因とは?
パソコンのモニター画面が青いバックに白い英語の文字が表示されるトラブルがあります。通称、ブルーバック、またはブルースクリーンというエラーの原因とは。パソコンが起動しない、大切なデータファイルを救出したい。
GPT保護パーティションとは?そのトラブル
ハードディスクの取り決めにはMBR方式とGPT方式の2つがあります。最近ではGPT方式が一般的ですが、実はこのGPT保護パーテーションはトラブルの際には厄介な存在なのです。
ウィンドウズやパソコンの修理や修復さえ出来れば、データも元に戻るのでは?
パソコンのサポートセンターやヘルプデスクでは、起動できなくなった場合に、最初に『BIOS上でハードディスクを認識しているかどうか?』、また『F8などのキーを押した場合、WINDOWSの最小構成であるセーフモードが起動するかどうか?』を確認します。
バッファロー製リンクステーションやランディスクにアクセスできない原因と対処法
アイオーデータ製のLANDISKを始めBUFFALO製のLINKSTATION、TERASTATIONなどのNASやRAIDはルーターでDHCP自動割り当てか固定IPの手動割り当てなのかでアクセス出来ない場合の対処法や原因特定が変わります。
要注意!!あなたの不注意で物理障害は起こる
物理障害は古くなったり、乱暴に扱ったら起こるというものではありません。昨日まで普通に使用できていたのに突然、HDDを認識しない、パソコンが起動しないというケースが良くあります。
チェックディスク(スキャンディスク)でファイル・フォルダが消えるトラブル多発中!
購入後、日数があまり経っていないハードディスクなどの記録メディアに対し実行する場合には問題ありませんが、3年以上経過したハードディスクの場合、チェックディスクは非常に危険です。