データ復旧業者比較

MENU

最初にハードディスクのデータサルベージ調査・見積りを依頼する会社は重要

データ復旧業者選びは大変、重要です。とくに、最初に依頼する会社は慎重に選ぶ必要があります。ハードディスクを始めパソコンの周辺機器は精密機械のため、間違った業者を選ぶと、あとあと大変です。

 

過去、当サイトに寄せられたご相談メールでも様々なケースがあります。

 

  1. 依頼したハードディスクを中々返却してくれない・・・
  2. 勝手にハードディスクを開封されていた・・・
  3. 調査・見積りを依頼したときと、返却されて返ってきたときの、症状がまったく違う
  4. 電話で問い合わせた時は5万円と聞いたのに、実際は50万円の見積もりを出された
  5. 他社調査があっても大丈夫と言われたのに、あとから調査費用がかかると言われた
  6. 成功報酬だから安心だと思っていたのに、希望ファイルが数個しか復旧できなかったのに10万円を請求された

 

まずは、データ復旧業者を比較検証し、あなたにあった会社にハードディスクのデータサルベージ調査・見積りを依頼してください。

データ復旧業者比較記事一覧

当サイト管理人のNO1おすすめ業者はデータピット.comです。データピットのハードディスク復元サービスを最初に利用したのは、今から10年ほど前にになります。その頃は、インターネットで検索してもデータ復元業者は数社しか存在しませんでした。そんな10年ほど前からデータ復旧業界での最安値の会社であり、今でこそ、調査・見積り無料というのは珍しくなくなりましたが、その当時、調査・見積り無料なのはデータピット...

ワイイーデータのオントラック。現在はワイイーデータの情報セキュリティ事業部と名称変更されているが、今でも、オントラックという呼称のほうが一般的に有名である。データ復旧サービスとして有名な世界的なオントラック社との提携をおこなっている日本法人。技術力は、国内トップクラス。データ復旧費用も国内トップクラスである。ワイイーデータ・オントラックの料金の目安特に、法人での申し込みをおこなった場合、データ復旧...

アドバンスデザインは1995年の創業。データ復旧業界では古くからサービスを提供している老舗の1つ。アドバンスデザインは最近、主に、バッファロー製のリンクステーションなどのRAID構成、NASのデータ復旧サービスをメインに事業を展開中。データ復旧サービスの費用障害レベルと費用ダメージレベル117,800円 〜ダメージレベル250,000円 〜ダメージレベル3125,000円 〜 ダメージレベル417...

ハードディスクの障害は主に軽度、中度、重度の障害に区分されます。それによりデータ復旧にかかる費用も決まります。業者によって多少のバラツキはあるのですが、4、50万円以上も違うことは稀です。障害別費用の相場軽度(2万円〜5万円)軽度障害で5万円以上かかるケースはほとんどありません。ハードディスク容量にもよりますが、1日や2日ほどで復旧可能です。費用もデータ復旧サービスの中でも一番安く、家電量販店のパ...

大阪データ復旧株式会社は1998年創業のデータ復旧専門会社。物理障害のデータ復旧に大阪エリアでは唯一対応できる設備をもつデータ復元サービス会社。トラブルが発生したパソコンやUSB外付けのハードディスク 、BUFFALO製テラステーションやIODATA製ランディスクなどのNASやからのデータ復旧サービスを提供。復旧費用ウィンドウズの故障やパーテーションエラーなどの論理障害の復旧費用は49,800円か...