MENU

ワイイーデータ・オントラックを実際に利用してみた感想

ワイイーデータのオントラック

ワイイーデータのオントラック。現在はワイイーデータの情報セキュリティ事業部と名称変更されているが、今でも、オントラックという呼称のほうが一般的に有名である。

 

データ復旧サービスとして有名な世界的なオントラック社との提携をおこなっている日本法人。

 

技術力は、国内トップクラス。データ復旧費用も国内トップクラスである。

 

 

ワイイーデータ・オントラックの料金の目安

 

特に、法人での申し込みをおこなった場合、
データ復旧にかかる費用はおおよそ、40万円以上は最低でもかかる。

 

また、昨今、増えている、
バッファロー製のリンクステーションなどのRAID構成の場合、
データ復旧費用は100万円を越えてしまうことも。

 

 

RAID5のバッファロー製のリンクステーションが故障した際には、
見積り費用は120万円だった・・・なんていう話もあるとかないとか!?。

 

 

 

今日現在、調査・見積り費用は無料で行っているが、
他社でハードディスクを解体している場合には、
調査費用が1万円かかる。

 

 

このハードディスクの解体とは、
外付けハードディスクのケースから、
内臓HDDを外すことではなく、
取り外した、ハードディスクを特殊工具を使って、
開封する作業のこと。

 

 

物理障害の場合、
勝手に開けてしまう会社もあるので、要注意。

 

 

調査費用に1万円かかるだけではなく、
最悪、復旧できないケースもあるので、開封作業の有無は要チェックポイント。

 

 

データ復旧会社の
依頼する判断の1つに
勝手にハードディスクを
開封してしまうかどうかがあるのはこのため。

 

 

 

尚、法人の申込に比べて、
個人で申し込みをおこなった場合、
費用は割安。

 

 

データ復旧容量にもよりますが、
重度障害でも
大体、13万円〜20万円くらいになることが多い。

 

 

論理障害の場合、
多い価格帯は、8万円〜13万円くらいです。

 

 

但し、このパーソナループラン
は、復旧対象のデータをデジカメなどの
写真画像データに限定したコースとなっている。

 

また、パソコンはWindows、Macで動作する
単体のハードディスクのみ対応となっており、
LAN接続の外付けハードディスクは申し込みできない。

 

 

つまり、
バッファロー製のリンクステーションなどは、
RAID構成の有無に関わらず、対象外となる。

 

 

さらに画像系の個人向けプランもあり、
画像ファイル以外の文書ファイルなどが含まれる場合は、
申し込みできませんが、
マイピクチャーなどの画像フォルダを最大2フォルダまで指定可能。

 

 

尚、個人向けプランの場合、
請求書、領収書の発行、事前のリスト提出などの
細かなサービスはない。

 

あくまでも個人向け・・・。

 

 

そのため会社で使用していたパソコンや外付けハードディスクや、
パソコンを個人向けのプランで申込をすると、
請求書や領収書が発行されないため
ちょっと面倒なことになる。

 

 

 

個人向けプランの方は、
法人向けの通常コースよりも
かなり安い料金体系が適用されるが、
それ相応の費用がかかる。

 

それでも、お金に余裕があるひとには、ワイイーデータのオントラックはオススメのデータ復旧業者の1つである。

 

 

ワイイーデータのオントラックは
信頼度・技術力・費用ともに国内トップクラス。

 

データ復旧費用が、企業、個人ともに
あともう少し安くなれば、間違いなく当サイトおすすめ総合ランキング1位。

 

ワイイーデータのオントラックの公式サイトはこちら

データピット

データピットドットコムの特徴

ハードディスクの物理障害でも格安なデータ復旧サービス会社。17年以上の実績があり人気です。

評価 評価5
備考 RAID5やRAID6といったNASサーバーにも対応。格安データ復旧業者の代表格。机の上から外付けHDDを落としてしまったといった重度障害にも低価格で対応しているため、個人、中小企業、大企業でも評判

オントラック

オントラックの特徴

信頼性では日本有数なデータ復旧サービス会社。ハードディスク以外の各種メディアにも対応。

評価 評価4.5
備考 法人申し込みと個人申し込みでは料金体系が異なる。現在、法人だけではなく個人ユーザーにも利用しやすくなっている。

アドバンスデザイン

アドバンスデザインの特徴

調査報告内容の評価が高いデータ復旧サービス会社。通常、調査報告内容は詳細には顧客には伝えられません。ですが、このアドバンスデザインは調査内容が的確であり信頼性も高いことが特徴です。

評価 評価4.5
備考 近年、とくにバッファロー製のテラステーションやリンクステーションなどのNASやRAIDサーバー対応にチカラを入れている

ワイイーデータのオントラックってどう?料金と評判関連記事

データピットってどう?料金と評判
データピットの料金と評判。ハードディスクデータサルベージ業者を比較。パソコンが起動しない、大切なデータファイルを救出したいときは。
アドバンスデザインってどう?料金と評判
アドバンスデザインの評判と料金。ハードディスクデータサルベージ業者を比較。パソコンが起動しない、大切なデータファイルを救出したいときは。
データ復旧料金の費用相場ってどれくらい?
データ復旧費用はどこも同じで、そんなに変わるわけがないと思っていませんか?確かに復旧する依頼品が同じで、復旧するデータも同じなら、普通は料金がそんなに変わるとは思いません。ですが・・・
大阪データ復旧の評判ってどう?料金と評判
大阪データ復旧株式会社は1998年創業のデータ復旧専門会社。物理障害のデータ復旧に大阪エリアでは唯一対応できる設備をもつデータ復元サービス会社