MENU

データ復旧ソフト選びのポイントとは

データ復旧ソフト画像

パソコンやUSB外付けHDD、USBメモリー、SDカードなどデータを記録できるメディアも増え、容量も年々増加傾向にあります。ですが、色々な記録メディアを使えば使うほど、故障しデータが消失するトラブルに巻き込まれるケースが増えています。

 

このような万が一のケースに備えて準備しておきたいのが「データ復旧ソフト」です。パソコンから見えなくなってしまった削除データなども「データ復旧ソフト」があれば復元できるケースも結構あるからです。

 

クラウド型のデータバックアップの利用が増えていますが、それでも月額利用料が高いため、USBの外付けハードディスクを購入し、利用している人が多くいます。

 

但し、その分、パーテーションやフォーマットなどの再設定をおこなう機会も増えています。

 

ここで問題となるのが、誤ったドライブのパーテーション開放やフォーマットなどの誤操作です。

 

「Dドライブのフォーマットをするつもりだったのに、誤ってEドライブをフォーマットしてしまった・・・」
「いらなくなったデータの整理している時に、気付かず大事なデータを削除し、ゴミ箱を空にしてしまった・・・」

 

「データ復旧ソフト」は、このような論理障害と呼ばれるトラブルが発生した際に、データを復元するソフトです。

 

尚、どんな障害レベルのトラブルにも対応できるわけではありません。基本的にはデジタル障害、論理障害といわれる軽度なものに限られます。またスキャンディスク(チェックディスク)を実行した場合、セクター不良が発生している場合などはデータは破損します。

 

BIOSで認識しない」、「コンピュータの管理でもドライブが表示されない」、「SMARTエラー発生後、データにアクセスできない」、「机の上からパソコンやUSB外付けHDDを落としてしまった」など、重度障害や物理障害の場合には、「データ復旧ソフト」は役に立ちません。

 

そもそも、パソコン側で認識することが出来ないので、Windows上で動いているデータリカバリーソフトでは対応できる範囲ではないからです。

 

このような場合には、データ復元の専門業者に依頼し、データを復旧してもらうしか方法がありません。

 

また、残念ながら論理障害であっても、「データ復旧ソフト」で復元できるとはかぎりません。実際に、復元できるかは障害のレベルによります。
というのも、USBメモリー、SDカードなどに非常に多いのが、特に何もしていないのにデータが消失してしまう事故です。

 

ハードディスクの場合、磁気によってデータが書き込まれるため、残留磁気によってデータの復元ができるのですが、USBメモリー、SDカード、eMMC、SSDなどのメモリー系の記録メディアは電気的なトラブルが発生した場合、痕跡もなくデータが消失します。

 

またRAIDやNASなどのファイルサーバーの場合、一般的なデータ復旧ソフトでは対応していません。

 

ですが、様々な記録メディアが増え、保存データが増える現在、何かしらの「データ復旧ソフト」を準備しておくと便利です。

 

但し、自分でデータの復元をしても問題ないのは、万が一データを失っても問題ない場合です。

 

本当に重要なデータを復元したいときはデータ復旧専門業者に依頼しレスキューしてもらった方が安全です。ハードディスクから異音がするなど軽度、中度障害のハードディスクトラブルの場合、数万円から10万円程度。機械的に故障しているならハードディスク単体の場合、13万円から30万円程度とそれなりの金額はかかります。

 

  1. ファームウェア不良
  2. ヘッドの故障
  3. モーターの故障
  4. BIOSで認識不可

 

クリーンルームが利用できるデータ復旧業者なら、上記症状のハードディスクからデータ復元可能ですので、検討する価値があります。

大切なデータを復旧したいなら、費用と信頼度が大切です。

あとで後悔する前に知っておきたいデータ復旧業者の特徴とポイント

 

データ復旧業者比較

 


完全データ復元

完全データ復元ソフト画像

株式会社ジャングルの完全データ復元シリーズ。マイクロソフトのエクセルやワードなどのOfficeデータや、一太郎などを含む257種類以上のファイル形式に対応した「データ復旧ソフト」です。

 

また、Outlook ExpressやOutlookの他、WindowsメールやWindows Liveメール、Eudora、Becky!2、Mozilla Thunderbirdなどのメールソフトにも対応している人気のシリーズです。


ファイナルデータ

ファイナルデータソフト画像

AOSテクノロジーズ社のファイナルデータシリーズです。最初のメニュー項目からは「ファイルの復元」「ドライブが正常に認識できない場合」「メールの復元」「高度な復元」の4つの中から選択します。

 

該当ディスクを選択後、スキャンが始まり、ほぼ自動で抽出されたデータが表示されます。パソコンやウィンドウズが起動しない場合でも、CD-ROMやUSBメモリからファイナルデータを起動することができるので便利です。


データリカバリー

ワンダーシェアのデータリカバリーソフト画像

データ復元ソフト「データリカバリー」は2003年に設立されたワンダーシェアーソフトウェア(香港)有限会社の製品です。中国香港の会社です。
パソコンのハードディスクドライブ以外にも、SDカード、USB外付けドライブなどから削除されてしまった写真、音楽、動画、オフィス系データやメールなども復旧可能です。

 

ワンダーシェアーソフトウェアの「データ復旧ソフト」の特徴はなんと言っても550種類以上のファイルに対応していることです。

 


Recuva

データ復旧ソフトを使用する場合の注意

「Recuva」は、シンプルな無料のファイル復元ソフトです。 誤ってごみ箱から削除してしまったファイルやウイルスなどによって消えてしまったファイルも復旧してくれるという「データ復旧ソフト」です。 また「Recuva」の特徴は単体のソフトでありながら、「抹消」機能がついていることです。

 

「データ復旧ソフト」でありながら「抹消」もできる!鉾と盾の両方の機能を併せ持ちます。

 

また事前の調査では、「高確率」「中確立」「低確率」「復元不可能」の 4 段階に表示され、確率が高いほど、正常なデータが復旧可能です。


データ復旧ソフト利用時の注意事項

データ復旧ソフトを使用する場合の注意

「データ復旧ソフト」は何かあったときに役立つ一方で、2次災害とも呼べる人為的なトラブルを生み出しやすいツールです。

 

よくあるトラブルの1つが、「データ復旧ソフト」のインストールです。

 

復旧したいデータがCドライブにあるのに、同じCドライブ上にインストールし使う人がいます。このような操作は、データを破壊する行為なので、どうしてもパソコンが1台しかなく、「データ復旧ソフト」を使いたい場合、インストールせずに直接起動できるCD-ROMタイプのものを利用しましょう。

 

「データ復旧ソフト」をインストールしても問題ないのは、間違ってデータを削除したり、ゴミ箱を空にしてしまうなどのトラブルが発生する前です。
つまり何もトラブルが発生していない正常なときにインストールしておくことは問題ありません。

 

 

また、非常に多いトラブルが「復旧したいデータがあるドライブ」と「復旧先を間違える」ケースです。
インストールと同様に、自分でデータを破壊しながら進行し、最終的には自分でデータをすべて復旧できなくしてしまう人為的な2次災害となります。

 

そのため「復旧先」は必ず新しいUSB外付けHDDを用意し、ドライブのイニシャルを確認しながら作業をしなければ、2度とデータを戻すことは出来ません。

 

その他、「復旧したいデータがあるパソコン」でインターネットやメールの利用、削除してしまったデータと同一ファイル名のデータ作成などは、やってはいけません。

 

「復旧したいデータがあるパソコン」は出来るだけ使用せずに、ネットの検索なども別のパソコンでおこなうことが必要です。

 


まとめ

  1. 誤ったパーテーション開放やフォーマットなどの誤操作には「データ復旧ソフト」が役立つ
  2. 重度障害や物理障害の場合には、「データ復旧ソフト」は役に立ちません
  3. 論理障害であっても、「データ復旧ソフト」で復元できるとは限らない
  4. USBメモリー、SDカード、eMMC、SSDなどで電気的なトラブルが発生した場合、データが消失するため復旧不能
  5. 「データ復旧ソフト」はトラブル発生前に準備しておくことが基本
  6. 「データ復旧ソフト」はインストールせずに、起動できるものを選ぶ
  7. 「復旧したいデータがあるドライブ」と「復旧先」を間違えると2度とデータは元に戻らない
  8. 「復旧したいデータがあるパソコン」でインターネットやメールの利用は禁止
  9. 削除してしまったデータと同一ファイル名や同一フォルダ名の作成は禁止
  10. 「復旧したいデータがあるパソコン」は使用しない
  11. 重要なデータを復元したいひとは専門のデータ復旧業者に依頼した方が安全

データピット

データピットドットコムの特徴

ハードディスクの物理障害でも格安なデータ復旧サービス会社。17年以上の実績があり人気です。

評価 評価5
備考 RAID5やRAID6といったNASサーバーにも対応。格安データ復旧業者の代表格。机の上から外付けHDDを落としてしまったといった重度障害にも低価格で対応しているため、個人、中小企業、大企業でも評判

オントラック

オントラックの特徴

信頼性では日本有数なデータ復旧サービス会社。ハードディスク以外の各種メディアにも対応。

評価 評価4.5
備考 法人申し込みと個人申し込みでは料金体系が異なる。現在、法人だけではなく個人ユーザーにも利用しやすくなっている。

アドバンスデザイン

アドバンスデザインの特徴

調査報告内容の評価が高いデータ復旧サービス会社。通常、調査報告内容は詳細には顧客には伝えられません。ですが、このアドバンスデザインは調査内容が的確であり信頼性も高いことが特徴です。

評価 評価4.5
備考 近年、とくにバッファロー製のテラステーションやリンクステーションなどのNASやRAIDサーバー対応にチカラを入れている

データ復旧ソフトおすすめランキング関連記事

BIOSとは